読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブブログの1日のPVが2,000を越えた

ブログ関連でうれしい出来事だ。先日サブブログの記事が100個を突破したという話をしたが、PVも良い感じに伸びるといった結果となった。まぁこれにはわけがあって、手放しで喜べるわけではないんだが、その詳細を記録として残す。

 サブブログの記事数が100を突破した段階での日間PVは500~700といった感じだった。個人的には喜ばしい数字で、このままコツコツ数字を伸ばしていければと思っていた。そんな中、俺が書いているコンテンツで記事にしないわけにはいかないネタを見つけた。この時点でこの記事はアクセスを稼げると確信していた。

 

 

もともとアクセスを稼げるということはわかっていたので、それなりにしっかりと記事を書き投稿した。とはいっても文字数的には1,000文字くらいの短い記事だ。それ以外にもいくつか記事をアップして終わった頃にアクセスを確認してみるとなんととんでもないことになっていた。いつもの倍アクセスが伸びているわけだ。とても嬉しいわけだが、ただ単純に喜べるわけではない。この記事はたとえるなら、

「〇〇の発売日は〇〇日に決まりました」

といった内容に近いものだからだ。発売日まで後ちょうど1ヶ月あるので、それまでは今ほどではないにしろ、それなりにアクセスが見込めるかもしれない。しかし、これが発売されたら(今回の例で言えば) この記事の価値は0となる。アクセスも0にはならないかもしれないけど、限りになく0に近づいたものになるだろう。

 

現在結果的に500PV → 2,000PVということになり、アクセス数は4倍だ。もちろん、今回書いた記事が1,500PVということではない。1,000PVが既存の記事、1,000PVが今回書いた記事といった感じだ。ということは、既存の記事もアクセス数が増えているということだ。これは、今回の記事からの流入が原因だろう。単純に数字の計算をするなら、今回の記事1,000PVのの内、半分の人が別の記事を読んでいるということになる。これはちょっとどんぶり勘定過ぎる。同じ人がいくつも別の記事を読んでいるかもしれないからだ。ということで10人に1人が今回の記事をきっかけに既存のページを見てくれているとする。10%だ。これだけの人に俺のブログをアピールできるということは本当に幸運だ。

 

今は2,000PVだが、現状のままであれば一ヵ月後、確実に1,000PVまで落ち込むことになるだろう。もしかしたらもっと落ちていくかもしれない。目標は一ヵ月後に1,500PVだ。せっかく既存の俺の記事を読んでくれたので飽きさせないような記事を書いていければ、心をつかめるかもしれない。いつも思うことだが、始めたばかりのとき、

「1日100PVなんて想像もできない」 → 達成

「1日500PVなんて想像もできない」 → 達成

「1日1,000PVなんて想像もできない」 → まさかの2,000PVで達成

とここまできた。次は

「1日5,000PVなんて想像もできない」と思っているわけだが、これもいつか達成できるときが来るのだろうか。

 

ちなみに、メインブログはゴミだ。本当にゴミアクセスだ。その他のサブブログも全くアクセスを稼げていない。決して情報の価値として悪いものではないと思っているのだが、やはり検索結果で前のほうに表示されない限りはどうしてもアクセスは見込めない。エースブログはタイミングが良かったということなのか。よくわからないけが、せっかく来たチャンスなのでしっかり物にしていきたい。