読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社の研修

今日は会社の研修に来ている。昇級試験を兼ねた研修だ。本当に面白くない研修で非常に困っている。なんで会社の研修ってこういう宗教的な研修なのかと思う。人それぞれいろんな思惑がある中、それを正そうとする感じが嫌いだ。

 研修時間もめちゃくちゃ長く、朝の9時から21時までだ。グループ討議やら個人演習やらいろいろやらせる。その結果を踏まえて合否が発表されるわけだが、その合格率が40%くらいしかないらしい。困ったことに、自社の評価ではなく、外部団体に委託してあるためその団体の評価で合否が決まるのだ。俺はおそらく受かる。俺に合った試験内容だから。しかし、受からない人は何度受けても受からないらしい。

 

外部の評価で昇級が決まるのはおかしいということが社内でも言われているが、言っているのは落ちている人。受かった人は何も言っていない。まぁそりゃそうだ。ただ、外部の人間に判断させるという方法は理にかなっていると思う。客観的に見て、その人にそのスキルがないと判断されるからだ。逆に社内だけの評価であれば、「なんであいつが?」というやつもどんどん上がっていってしまう。時代は年功序列ではなく、実力がある人間が上がっていくべきだからだ。

 

それでも評価は甘い方だと思う。グループ討議をしたりしても、「こいつはダメだ」と俺が思う人が何人もいる。その中で数人は落ちると思うが、何人かは受かってしまうだろう。俺が試験管なら超辛口で落としまくってやるのに。しかしそれをやりすぎると辞めていく人間がいたり、不満をいう人間が多くなってしまう。難しいところだと思う。

 

今は休憩中でこれから夜の部が始まる。明日もあって、終了時間は17時だ。もう頭がおかしくなりそうだ。これも内容が宗教的だからなのだろうか。心にも思っていないことを述べて書いてとやっていると突然、「俺は一体何をやっているのだろう」と考えてしまう。もしかしたらこれが狙いなのかもしれないが今は一刻も早く終了して眠りにつきたい。