読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

glo(グロー)が買えないからvapeに興味を持ち始めた

日常日記

もう加熱式タバコにこだわらなくてもいいのではないかと思い始めてきて、今度は電子タバコに興味を持ち始めた。もともと少し前に話題になった時、気になってはいたが、まだ世間が紙巻タバコ以外認めないといった感じだったので見送っていたが、喫煙所でもアイコスなどを吸い出す人が出てきて、「最近の日本ならありかもと」と思い改めて調べてみた。

 まず前提なのだが、vapeというのは、アイコスといったような機種名ではないのだ。vapeというカテゴリで、アイコスでいうなら「加熱式タバコ」というという部分を言っているということになる。そしてvapeは電子タバコで、日本ではニコチンが含まれていない。俺も全然知らなくて、vapeという機種が売っているものだと思っていた。

 

ということで、vapeというカテゴリに製品がどれくらいの数あるのかという話になるが半端じゃない量がある。加熱式タバコなら、「アイコス」「プルームテック」「グロー」の三種類だが、vapeはいったいどれくらいの種類があるのだろうか。それくらいの種類がある。なぜこんなにあるかというと、世界中の企業が製作しているからだ。信頼性の置ける会社から某国のような粗悪品のようなものまであるようだ。

金額を確認してみると安いもので5,000円以下高いもので10,000円越えくらいだ。これって結構安いじゃんととりあえず買う気満々に。

 

じゃどれを選ぼうかという話になるわけだが、数が多すぎて絞りきれない。様々なサイトでいろんなお勧めを確認するのだが、見事にみんなバラバラ。まずはこれを買ってみようというのですらバラバラ。もうわけわからなくて半分あきらめ状態になった。

別のことをしていて、ふと「vapeに日本製はあるのか」と思ったらやっぱりあった。2社くらいしか見つけられなかったが他にもあるかもしれない。日本製にこだわってみるとあとは話は早い。機種も数十種類から2,3種類に減るのでこれは決まったも同然。結局、フレンバーと言うものを購入することにした。

 

俺のとしての目論見はこうだ。まず、家にいるときや、車の運転中などはvape8、タバコ2。仕事中などはvape0、タバコ10という感じで使い分ける感じだ。職場で「なにそれ」と言われていちいち説明するのも面倒だし、変に注目されるのも勘弁だ。そしてそのタバコの部分をゆくゆくはアイコスやグローに交換し、一応「煙」というものからは脱却しようかなと思っている。vapeの吸い味がどんなものなのかわからないため、自宅でタバコを吸おうと思ったときの代用になるかはわからないがあくまでも「減煙」という形で使っていきたいなと思う。逆にものすごく満足できればvapeを中心に運用してく方が望ましい。体にもいいだろうし、タバコではないから税金がかからない。お金も節約できるってわけだ。話によると1ヶ月1,000円くらいで運用できるとか。商品が届くのが楽しみだ。