読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレンバーが届いたから使ってみた感想

先日発注していたフレンバーが届いたから感想を書く。ちなみにフレンバーおすすめサイトでは基本フレンバー最高!といった内容になっていてあまり参考にならなかった。感想として一言で言えば、「メンソールはいいかもしれない」といった感じだ。

 まず俺がどんな紙巻タバコを吸っているかというと、タール10ミリ以上のメンソではない普通の種類を吸っている。普段吸っているタバコが結構重いため、なかなか吸った感を得にくい。

まず、フレンバーのリキッドは、2種類買った。マスカットと、ストロングミントだ。なぜこの二つかというと評判が良かったからだ。特にマスカットは、どこのおすすめサイトでもかなり推されている。甘いものはあまり好きではないが、人気なので買うことに。メンソールも同じようだが、紙巻タバコでもあるように似た感じが得られるかと思って購入した。vapeには残念ながらタバコ味というものがない。あるかもしれないが、フレンバーにはない。これはけっこう困った話で、俺としては苦いものを好んで摂取する傾向がある。それができないのがポイントだ。

 

さっそくマスカットを吸ってみる。サイトの情報によればすごく甘くて、美味しいという口コミだ。俺の予想としては口の中にガツンと甘い香りが漂うのだろうと思っていた。しかしけっこう味は薄く、すっきりとした感じ。薄いというわけではなのだが予想していたよりもずっと薄かった。そして喉を通った時の吸いごたえというものが皆無だ。フレンバーを使ってからわかったのだが、俺は重いタールが喉を通る際にビリビリくる感覚が重要なようで、味の付いた空気を深呼吸している感じでは吸った感を得られない。そこでメンソールだメンソールは喉に清涼感を与えるだろうと試してみる。

メンソールはけっこういける。味はマスカット以上にないが、喉を通る感覚は通常のメンソールタバコを吸っているような気分になれる。喫煙者がフレンバーでそれなりに近い感覚で運用するには、メンソールが適していると思う。

 

問題点もある。通常のタバコなら1本吸えば大抵満足して2本目を吸い出すのにそれなりの時間がかかるが、これはほとんど空気のため満足感を得られない。そのためいつまでも吸ってします。煙もいい匂いだし、吸い続けていて気持ち悪くなることもない。満足感も得られないため、常にくわえているという状態だ。これは悪いとは思わないが、減煙して経済的にもいいだろうと思っていた反面、これだけずっとくわえているともしかしたら逆に高くつくかもしれない。

 

すでに2日間くらい吸っているが、紙巻タバコの数量は2/3くらいにはなったと思う。もしかしたら1/2だ。そういった意味では減煙するのには非常に適しているかもしれない。「ちょっとタバコが吸いたいような気がするけど、本当に吸いたいのか?」と思った時は、これを吸えば大抵紙巻タバコは吸わない。ただ、食事の後などは紙巻タバコを吸ってしまうといった感じか。

ゆくゆくは、加熱式タバコと、フレンバーの2刀流で運用していきたいと思っている。加熱式3、フレンバー7くらいの運用ができれば、個人的には満足だ。総合的にはフレンバー自体は悪くない。日頃から軽いタバコを吸っている人なら違和感がないかもしれない。しかし、重いタバコからの移行は少々物足りなさが大きく、補助的な使い方になるのではないかと思う。もっともタバコをやめようという気で使えばもっと効果はあるかもしれないが、俺の場合やめるつもりはなく、あくまでも減煙という形で使おうと思っているからなおさら物足りなさを感じてしまうのかもしれない。

 

まだ維持費など総合的にかかる金額がわからないためなんとも言えないが、紙巻タバコを常時吸っているよりランニングコストが下がれば、健康にも少しはいいし、財布にも優しいという結果になる。1ヶ月後蔵にはわかるだろう。楽しみだ。