読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レオパレスを引っ越した

俺は仕事の関係上、レオパレスに住んでいる。ちょっとしたミスで、手配を忘れてしまい、家なき子になってしまっていたが、昨日ようやく新しいレオパレスに入った。これまでのレオパレスと比べてかなり良い部屋だった。

 今回入ったレオパレスは胸の一くらいに寝るためのロフトがあるタイプだ。今まで住んでいたのは梯子が付いていてかなり高い位置にロフトがあった。広さは前の部屋のほうが大きいのだが、大きいが故にエアコンが効きかない。また天井が高いので、熱が上へ逃げてしまい。生活している場所は非常に寒いといった感じだ。だからこれまで石油ストーブを導入して、寒さをしのいでいた。

 

新しい部屋はこれまでに何度も住んだことのあるタイプの部屋だ。これまでは特に何も感じなかったが、生活していると明らかに違う。まず部屋が圧倒的に暖かい。3時間でエアコンが切れてしまうというデメリットはあるが、半袖でもいられるくらい暖かいのだ。(レオパレスは3時間でエアコンが切れるのがデフォルト) そして細かいところも、使いやすくなっており、部屋の狭さは全然気にならない。

 

そもそも、これまでは退室1ヶ月前くらいになると、レオパレスから連絡がきて、「延長どうされますか?」と聞かれる。今回もこれを待っていたのだが、一向に連絡がこなかった。気になった俺は、「今回はどうなっているの?とりあえず延長したいのだけど」という話をすると。「忘れてました。」とのこと。しかも「この部屋はもう次の契約者がいるので出て行ってください」と言われる。「マジか」と思い、新しい部屋を探してもらうことに。部屋自体はすんなり見つかったが、前の部屋を退去して、3日後に新しいところに入れる。ということで3日間は家なき子というわけだ。まぁ3日くらいなら我慢できるので、ホテルで生活していた。

 

今考えれば逆に連絡を忘れていてくれて助かった。連絡がきていれば再びその部屋を延長したと思うし、この部屋にはたどり着けなかっただろう。ムカつきもしたが、結果的にはOKだ。寒い時期はまだまだ続く。4月まではこの暖かい部屋で過ごせると思うと嬉しくなってくる。