読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイクでユーラシア大陸を横断する

予定の話

これは夢の話。みんなは夢を持っているか?実現可能な夢だったり、絶対に不可能だったり様々な形の夢があるが、俺はしっかりとした形で夢を持っている。タイトルにもある通り、バイクでユーラシア大陸を横断するのだ。

 大陸横断の夢

特別何か思い入れがあってやりたいということはない。ただ、興味があるのだ。危険な旅であることは間違いないが、それでもやり遂げたいと思っている。しかし乗り越えなければいけないハードルも高い。もちろん、言葉や計画性といった難しさもあるが、それ以上にもっと身近なハードルだ。

 

会社はどうするか

会社は辞めるしかない。しかし、辞めたからって冒険を終え、帰ってきてどうするかという話になる。それまでに一生暮らせるほどの金を手にすることは不可能だ。であれば以降も継続的に働く必要がある。今勤めている職場は悪くない。これを手放して新しい会社に勤めるのも気は進まないので、もっと別の方面で考えていこうと思っている。

 

 

金はどうするか

これは貯めるしかないが、いくら貯めたらいいかということはわからないし、正直あまり貯めようと思ってもいない。まぁこれには秘策があって、例えるなら不労所得のようなものがもらえるシステムを構築していかなければいけないと思っている。

 

 

時期はどうするか

早ければ5年後くらいに行こうと思っている。もちろんそれまでに全てのハードルを越え、準備が整ったらの話。これが整わないようであれば到底実現は不可能だし、夢は諦めるしかない。定年を迎えてからなんていう人もいるかもしれないが、それでは遅過ぎる。できるだけ早く行きたいのだ。

 

 

実現するポイント

はっきり言って、現在進行形で進めているブログや別のことでどこまでお金を稼げるかということになると思う。もちろんブログだけはなく、様々な収入を得るためのコンテンツは考えているわけだが、これがどれかでも当たれば実現は可能と思っている。さすがにブログだけでは不可能だと思っているし、特に俺の場合、即効性が高く回転率を高めてアクセスを上げていくブログが多いため、もしユーラシア大陸を横断し始めたらブログの更新は止まってしまう。こういった部分に頼らない収入モデルが必要になる。まぁその辺も少しだけビジョンはあるから達成できると信じている。

 

 

最後に

なんて急にこんな話になったかというと、昨日夢を話したのだ。別に夢を話そうという話ではなかったのだが、結果的に夢を話すことになった。ここまでで、ユーラシア大陸を横断するという部分が夢となっているが、実際にはそうではない。

ユーラシア大陸を横断できる環境、状況を作ることが夢」

といったほうがいいかと思う。横断することを考えると確かにワクワクするが、それまでの準備のほうがさらにワクワクする。どちらかというと大陸横断は、夢を叶えた後のご褒美なのかもしれない。