読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブブログでキラータイトル出現

俺のブログラインナップの中で稼ぎ頭はエースブログオンリーだ。他のブログの1ヶ月など、エースブログの1日にも満たない。そんな日の光を浴びることを夢見たブログにとうとう光が当たるときが来た。

 キラータイトルの出現

サブブログに書いた記事がかなりのアクセスを集めている。これまでサブブログは日間200PV程度をうろうろしているのだが、昨日はなんと1500アクセスだ。もちろん見出しの通り、キラータイトルのおかげであって、サブブログが全体的に上がったわけではない。記事別のアクセス数を確認してみると、その記事だけで1300アクセス以上たたき出しているのだ。

 

本日も好調

本日のアクセスは午後15時頃の段階で1300アクセス。この勢いで行くともしかすると2000アクセスくらいいくかもしれない。2000アクセスといえば、なかなかのもだ。エースブログが平均して6000アクセスくらいなので、1/3ということになれば収入的にも十分戦力となる。しかし、毎日好調が続くわけではない。

 

 

いつまで続くか

これは過ぎてみないとわからないが、今日あたりをピークにどんどん減少していくかと思う。安定アクセスではなく、いつかは一桁になるだろう。これが安定していない情報の末路だ。即効性は高く、簡単に書ける分、終わりも早い。

 

 

気がついたこと

結局、みんなが気になる記事を書けるかどうかにかかってくるということがよくわかった。もちろん条件も必要だ。みんなが書く情報を一緒になって書いても、大手サイトの情報に埋もれてしまう。だから競争率が少ない情報を見つけ、しっかりと記事を書けばこういった爆発したアクセス数を生み出せる。これまで「継続していればいつかはアクセス数が上がっていく」と思ってブログをやっているのだが、それだけではダメなようだ。もちろんたくさんの記事を書くということも重要なのだが、キラータイトルをいかに思いつくことが出来るかということが最も重要なのかもしれない。

 

 

この間にやっておきたいこと

直接ブログの整備をしようとは思っていないが、この情報から別の情報へ飛んでくれると非常にうれしい。その上で、「こいつおもしろいじゃん」なんて思ってブックマークしてもらいたいわけだ。しかし現実はそう甘くはない。正確には、1,553アクセスに対してユニーク数は1,410だ。ということはどんなに多く見積もっても約10%の人しか別の記事を見ていないということになる。でも待て。よく考えてみると10%って結構大きい数字だと思う。人の数にして約150人。普段絶対に訪れることがない人が150人も呼び込めたと思うとなかなかなのかもしれない。このうちそのブログを評価してくれたのは何人いるのかはわからないが。

 

 

最後に

バズるという言葉があって、今回はそれに該当するわけではないと思うのだが、まぁ俺的には小さなバブルだ。これももうすぐはじけるわけだが、はじけるときまでこのアクセス数に対して喜んでいこうと思う。