読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めてチャンネル登録者がついた

youtubeのこと

youtuberとして活動を始めて、とうとうチャンネル登録していただいた。本当にうれしい。いままでやってきた意味があるというものだが、この登録してくれた人たちを裏切らないよう、動画を上げていく義務もある。

 登録者は3人

なんとチャンネル登録してくれているのは、身内を抜いて3人。「しょぼ」と思うかも知れないが、これは俺にとって大きな一歩だ。実は、この記事から3日前に始めてのチャンネル登録者が生まれた。そして1日1人のペースで増えて言っているわけだ。この調子でいこうと思っているわけだが、この調子じゃ全然ダメだ。

 

 

1万人登録を目指すとすると

初めてのチャンネル登録はようやくスタートラインを出発したに過ぎない。1日1人もうれしいのだが、喜んでいられるわけではない。目標の登録数が何人かということは現状決めていないが、例えば1万人としよう。1日1人のペースでは1万日かかってしまう。27年強だ。これじゃダメなのはよくわかる。ではどうあるべきなのか。

 

CMするチャンスはどこにあるか

通常、youtubeを開くと、自分が登録しているチャンネルと、オススメチャンネルが表示される。しかし、このオススメチャンネルに表示される動画は既にそれなりの規模のものが普通だ。10再生くらいの動画がオススメに出てくることは見たことがない。せいぜい3,000再生くらいか。となると、これくらいの再生数にならないと話にならないということだ。しかし、CMするチャンスは基本的にはない。どういったアルゴリズムでオススメ動画に上がってくるのかもわからない。ということであればブログと同様、検索流入方のキラータイトルを生み出さなければいけないのかもしれない。

 

 

3,000再生達成に向けて

ひとまず、3,000再生という数字を目標とした場合のことを考えてみよう。一人一回再生してくれるとして、3,000再生するには3,000の登録者が必要だ。もちろん登録しないで見てくれる人もいるのだがその辺はあえてカウントしないとする。というのも、俺が全然youtubeのことをわかっていないからである。例えばアフィのように「クリック率は1%」なんておおよそ決まった数字があればそれで計算が出来るのだが、再生数に関してはよくわからない。

とにかく3,000人の登録者を得るために、現状1日1人の登録者が増えるということであれば、3,000日。8年くらいか。まだ全然現実的な数字ではないが、登録者以外の再生数を加味すればかなり3年くらいで再生数としては3,000に届くかもしれない。最近5周年!とかいって動画をあげている人を何人か見ているので、3年近くは鳴かず飛ばずだったのかもしれない。まぁ1日1人増えていくなんて今の俺からしてもこのまま続くとは思えないし考えられないが。

 

 

最後に

こうやって数字遊びをすることによってなんとなく目標が見えてきた。一応3月8日までに登録者を1人以上にするという目標があったのだが、無事目標と達成といえる。これからは3年間掛けて再生数を3,000人に出来るよう頑張っていこうと思う。