読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブブログのアドセンスが、エースブログを超えた

ブログのこと

以前に、サブブログでキラータイトルが生まれたとういう話をしたが、そのサブブログのアクセスが非常に安定している。最近ではさすがにエースブログには劣るものの、本当に戦力としてカウントでき、更にはアドセンス的にはエースブログを超えてしまっている。

 アクセス数

エースブログが日間5000以上アクセスされているのに対して、サブブログはあれから毎日3000アクセス以上はたたき出している。これは素直にうれしいことなのだが、更にびっくりすることが一つ。アドセンスでは、エースを超えているのである。エースのクリック率は1%未満、サブは1.8%くらい行くのだ。ここにはどんな差があるのかを考えてみた。

 

 

同じ情報型でも種類が違う

エースもサブもどちらも情報型のブログではあるが、もう少し細分化すると違いはある。まず、エースはやりながら調べるタイプの情報だ。ということは知ったらすぐに作業に戻るということが多くなる。必然的にそこにある情報以外には興味がないという形になることが多い。しかし、サブは、暇なときに調べる情報型だ。ということでそこに表示される広告を見る時間も十分あるということだ。個人的な見解ではこんな違いからクリック率が倍近く違うのではないかと思っている。

 

 

問題点も

毎日3000アクセス以上を稼いでいるのはすばらしいのだが、キラータイトルと、その補足記事の約3本で3000を達成している。エースブログの内容は限定的な人に送る情報なため、すぐにアクセスは落ちていくのだが、サブは生活に使うような情報を扱っているので、落ち込みが少ない。とはいっても、そのうちゼロへ向かっていくことは間違いないので次のキラータイトルを生み出したいとは思っている。このキラータイトルが沈んだらまた元通りになることが問題だ。

 

 

最後に

キラータイトルを生み出したいといってもそう簡単に生み出すことが出来ないのがブログだ。生み出し方がわかっているようであればとっくにアクセスを集めている。やはり書いてみてようやくわかってくるのだ。とりあえずはキラータイトルを中心とした情報を提供する方針で行きながら別のキラータイトルを生み出せるよういろいろ書いていきたい。