読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

youtube またBANされた

もう笑うしかない。昨日youtubeでBANされたという話を書いたわけだが、まさか次の日にBANされることになるとは思わなかった。前回のBANは当然復旧しているのだが今回のBANはこの記事を書いている時点でまだ復旧していない。

 BANされた時間

前回は夜の22時頃凍結された。今回は朝の6時くらいだ。この差はよくわからないがとにかく早く復旧させなければいけないのだ。前回、「問題ない」といわれ、1週間経たずして再びBANとなった。本当に困った。

 

なぜBANされるのか

今回、凍結解除をお願いするのに、サポートチームというところに異議申し立てを行っていた。実はこれは、ただ、サポートしてくれるチームってだけで異議申し立てを受け付けてくれる場所ではないらしい。朝の9時くらいにメールを送り、夜の20時くらいに返信がきた。凍結解除されるかと思いきや、現在の状況を報告するだけであった。自分がサポートチームにメールを送っていたということに気がつき、「失敗した」と思ったが、そもそもなぜBANされているのかということを逆に知ることができた。BANされる理由は、どうやら

「ロボットを使っていると判断された」

ということらしい。それが利用規約に反しているということだ。いろいろつっこみたいところは沢山ある。まず、そもそもロボットなど使っていない。ロボットの使い方も分からない状態なわけだ。そして、再生数。これまで一番多い再生数で1,000再生だ。ロボットを使ったら幾ら何でももう少し再生数を水増しできるだろう。更新連打をしたって、1000くらなら、人力で30分もあればできそうだ。それ以外の動画で多い再生数といえば600程度。あとは50などが並び、下手すりゃ一桁だ。この再生数を見て、どこにロボットを使っているというのだと言いたい。とは言っても、人が判断しているわけではなく、それこそ機会が判断しているので、どういう風に認識されているのかという話である。

 

 

改めて異議申し立てを

そして、日付が変わる前に異議申し立てを行った。前回は夜中の4時頃に解除されていたので、今回も同じくらいに解除されるかななんて思っていたが、朝起きても解除は終わっていない。そして本日12時を過ぎた。なんとなく、今回は復旧されないのではないかと思い始めていると言った感じだ。

 

 

ショックかどうか

約100個の動画を一瞬にして消されるわけだ。俺自身、動画投稿で食っているわけではないので、投稿した動画は全て削除している。100個の動画が一つ5GBくらいあったとしたら、500GBだ。保管しておくことができないデータ量ではないが、保管を考えるのはもっと先の話だと思っているからだ。ということで、全くのゼロになる可能性がかなり高くなってきている。もし仮に再び解除されたとしてもまた、数日もすればBANされる可能性もある。これをショックかと言われると確かにショックではある。しかし、異議申し立ての結果を待っている時に今一度自分の動画というものを冷静に振り返られる時間もできた。いろいろ考えた結果、たくさんのことがわかってきた。これは次の記事で書こうと思う。ということで、得るものは得たということと、その結果、100個の動画は無くなってもいいやという気持ちにもなっているので実際ショックということはない。強いて言えば、動画が消えていくのは良しとしても15人の登録者を失ったのが一番悲しい。もし本当に消えゆくのなら、また新しい一歩を踏み出すことになる。

 

 

最後に

また新しい一歩を踏み出そうとしているわけだが、結局なんでロボットを使用されていることになっているのかということがわかっていない。個人的に考えられるロボットの存在といえばgoogleのウェブ巡回ロボットくらいだ。俺の動画は、エースブログにも貼り付けているため、そこからロボットによるアクセスがあったということが考えられるといえば考えられる。しかし、同じgoogleの内輪の話でもあるので、識別できないということはないような気がするんだがどうなんだろうか。それよりもこの期間で得られたものの方が大きような気がしてならない。