読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エーススブログ 100万PV突破!

先日のyotuube1万再生に続き、ブログ方面でもうれしい達成があった。数日前に100万PVを達成した。一時期のピーク状態のアクセスが続けばもっと早く達成することが出来たと思うが、最近は少しのんびり更新しているので、アクセス数は下がり気味。それでも何とか、100万PVを達成できたことは素直にうれしい。

 100万PV時の情報

100万PVを達成した際はどういった状態だったのかということをここに記録として残しておこうと思う。

f:id:tak9313250:20170426095311j:plain

とまぁこんな感じだ。エースブログはこれまで話してきている通り、新しい情報提供するブログだ。ということで、リピーターからのアクセスを狙うというよりは、検索してもらってヒットさせるというスタイルのブログ。その辺のスタイルがこのスクショに良く現れていると思う。また100万PVまで、7ヶ月ほどかかった。これが早い遅いか分からないが、もうこんなにたったのかということと、100万PVまで7ヶ月もかかるのかと同時に思った。

 

自分は評価されていない

上記のスクショを確認する限りでは、「俺」というものはまったく評価されていないことが分かる。まず、はてなの読者が0人ということだ。これは、100万のアクセスがあって、誰一人として定期的な読者はいないのだ。そして、ブックマークもたったの4件と書かれている。このブックマークはどれほど信憑性があるか分からないが、とりあえず上がってきている数字を確認する限りではとにかく少ない。最後にあまり重要視はしていないが、スターの数。これも58と決して多くはない。ちなみに、ブックマーク、読者、スターともに、サブブログや、このブログの方が多いか、ほぼ同等なのだ。これは、エースブログに書かれていることが、俺だから読まれているということではなく、その情報をまとめることに価値があり、一期一会ということに他ならない。しかし、これは案外寂しいことでもあるのかもしれない。

 

 

だから動画を投稿している

情報型ブログに自分の色など必要ないのだ。むしろ、文章がほとんどのブログで、自分らしさというものをどれだけ出そうとも、それほど伝わるものではない。もちろん自分らしさを全面に押し出したブログというもの作れるわけだし、現にこのブログもどちらかというと、俺の日記を見て楽しむブログだ。それでも自分らしさというものは双簡単に伝わるものではない。そこで動画投稿だ。動画にも色んなタイプがあるわけだが、俺の動画は自分の声が入る。この「声」というものが非常に重要だ。声だけで自分らしさというものが良く伝わる。穏やかな声だったり、奇抜な声だったり、しゃべり方だったりで、この人がどんな人なのかということがかなり分かるわけだ。これは自分らしさを全面に押し出していると言え、視聴者になってくれる人は、そのコンテンツがすきということももちろんあるが、自分の動画が、自分らしさが認められているということでもある。これは、投稿している側にとっては非常にうれしいということだ。

 

 

最後に

自分らしさを出せないブログに対して熱がなくなってきたかといわれれば、確かに熱は昔よりは弱まってきているような気はする。しかし、動画に一時的にはまっているという考え方も出来、もう少し落ち着いてくると再びお互い50%くらいの両立ということが可能になるのではないかと思っている。ブログも動画も続けていれば色んなことに気が付いてくる。これが一番楽しいわけだ。ということで、これからも、エースブログが更に発展していくことを願っている。