読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

youtuberになりました

前回の記事でブログの成長を続けるために新たな視点で取り組んでいかなければいけないという話をした。ただブログを書くだけではなく、そこに何かをプラスするということだ。その結果タイトルのようなことになってしまった。

 そうyoutuberになったのだ。俺のことを馬鹿にするか?まぁ俺はかまわんよ。俺はyoutuberのことは馬鹿にしていないし、稼ぐという意味でもすばらしいシステムだと思っている。ではなぜyoutuberになってしまったのか説明しよう。

 

 

俺のサブブログでは映像関連の記事をメインとしている。その映像関連の知識や、情報といったものを文章に起こしているのだ。頭の中でイメージしたものを文章にすることもあるのだが、自分で実践してそれを記事にすることもある。これまでは実践したものは全て破棄というか、使用用途は全くなかった。そう、これをyoutyubeとして記録し配信しようと考えたのだ。これが良策か愚策かはまだわからない。始めたばかりなので。

 

しかし、これで「検索」というたった一つのアプローチしかなかったのに対して、youtubeからの流入というもう一つの道を作ったわけだ。そしてこれは相乗効果も期待している。「ブログもしない、youtubeも初めて」という人が、youtubeを始めてもおそらく相当な期間、アクセスが少ない状態が続くだろう。その点俺のブログは現状日間5,000PVを出せている。ここでyoutubeを紹介できれば、youtubeの再生数も上がるし、再生数が上がればyoutube内の検索もヒットしやすくなる。さらに動画内にブログの紹介をすることでyoutyube側からの流入を見込める。これが俺のとった次の作戦だ。

 

youtuberというと、顔を晒したり、体を張ったりなどするわけだが、俺はそんなことはしない。声も出さない。ただ映像だけを流す。まぁほとんど人が「それじゃ再生数は稼げない」と思うだろうが、とりあえずはそれで良い。何が正しいのかわからない以上いろいろ試してみてみるしかない。ある程度の区切りがつくまで動画を投稿し、それで顔を出さないと、もっと個人情報を出さないとというのなら、この作戦は失敗ということになりyoutuberは引退するということになるだろう。俺はできるだけ個人情報を晒さない方法で上を目指しているのでそのポリシーに反する。

 

ただ、入り口が2つになったことで、可能性はいろいろ感じるし、youtubeに集客をするという行動がブログにもつながるということであれば、様々な行動が全てつながってくる。効果はまだまだわからないがとりあえずはこの二つを主軸に取り組んで生きたい。

次回へ続く。