読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ipad pro 12.9インチは在庫がない!

日常日記

俺は基本的にアップル製品を使っていて、携帯はiphone、パソコンはmacbook airタブレットipad miniを使用している。ipad pro自体はかなり前に発売されたものであったが、ずっと欲しいとは思っていた。なぜ欲しかったと言えばアップルペンシルだ。これで絵を描いてみたいとずっと思っていたのだ。

ipad proの種類はストレージで32GB、128DB。256GBの3種類があり、大きさは9.7インチと、12.9インチの2種類だ。絵を描くのには大きい方がいいだろうと思ったので、12.9インチを求めて電気屋へ行ったのだが、なんと売り切れで納期は未定とのこと。買おうと思ったその日に変えないということが何より嫌いな俺は散々悩んだ結果、9.7インチ、128GB、スペースグレイの本体を購入した。使いにくかったら、後で12.9インチを買い足せばいいやといった感じだ。

 

本体もそれなりの値段がするわけだが、ペンシル、保護フィルム、カバーなどを購入すると結局10万円くらいになってしまい、なかなか痛い出費と言える。帰ってきて早速お絵描きアプリをダウンロードしペンを走らせてみた。凄くいい!多少の遅延や、ディスプレイのガラスの厚み分の誤差は感じられるが慣れればそれほど気になることでもない。そして大きさもなんだかんだいってベストだと思った。持ち運ぶにも大抵のカバンには入るし、絵を描くのもほとんど困らない。強いて言えば、パレットを常時表示させておくと描けるスペースが少なくなってしまうので、出したり引っ込めたりとしなければいけないくらいだが、それも指によるタッチで簡単に表示させたり消したりすることができるので、それほど問題ではない。線を描くとき、表示画面を回して書き込んだりすることがあるが、9.7インチだと本体ごと簡単に回せるので案外楽かもしれない。

 

一番感激したのはアップルペンシルの持ち心地。これは人によっては重いと思ったり、滑りやすいなんて思ったりもすることがあるようだが、個人的には、程よい重量感で、表面がツルツルしていて何もしていないのに手に持ってしまうほどだ。ipad pro自体の操作も無駄にペンシルで操作してしまう。流石はアップル製品だと感じる。

 

俺が運営しているサイトでは、トップ絵から何から何までデフォルトだ。これでようやく絵を描いて挿入できるというわけだが、まぁ特別絵が上手いというわけではない。趣味程度のものなので、どこかのサイトで絵をアップしながら日々の上達を記録していくなんてことも面白いかもしれない。